くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

アデノウィルスは大人も子供も要注意!症状は?熱、目、のどに異変?

2013年ロンブー淳さんが、アデノウィルスによる結膜炎になりました。
目の充血が他の人にも感染するとは、あまり思いませんよね。

だれもが感染する可能性があり、児童が感染すると出席停止になる、アデノウィルスの症状・原因・治療法についてご紹介致します。

Sponsored Link

症状

20150429_1

アデノウィルスとはインフルエンザの次に検出されているウィルスで、様々な病気、主に風邪の原因ウィルスです。
種類が49種類(分類によっては51種類)あるため、症状が多く、治療薬がありません。

上気道炎・気管支炎・扁桃炎
熱・頭痛・嘔吐・下痢・咳・のどの痛み・筋肉痛・疲労感

プール熱(咽頭結膜熱)
熱・のどの痛み・頭痛の他、両目の充血

はやり目(流行性角結膜炎)
目の充血、目やに、発熱

出血性膀胱炎
血尿・ひん尿

胃腸炎
腹痛・嘔吐・下痢

また肺炎になり重症化したり、腹膜炎を合併し死にいたる可能性があります。特に乳幼児は肺炎・胃腸炎を引き起こすウィルスタイプにかかりやすく、重症化しやすいので注意が必要です。子供(幼稚園児・小中学生)は感染が拡大しやすいため、感染者は文部科学省により出席を停止するようにとなっています。

大人の場合は勤務停止の義務はありませんが、感染を広げない対処が必要です。

Sponsored Link

原因

20150429_2

アデノウィルスは、接触感染(手指)だけでなく、飛沫感染(くしゃみや咳)糞口感染(おむつ交換やトイレ)があります。感染力が強いため、大人はアデノウィルスに感染した子供からうつる事が多く、また、結膜炎になった眼を触った手から感染が広がる事があります。

 

治療

20150429_3

アデノウィルスかどうか、内科で診察が可能です。
目の充血症状がある場合も、風邪の症状と同時に発症していたら、内科で診察ができます。
のどや目の粘膜を検査し、15分ほどで診断ができます。

 

アデノウィルスには治療薬はないため、風邪薬鎮痛剤炎症止め目薬などの自宅での対処療法になります。
嘔吐や下痢による脱水症状になりやすいので、スポーツ飲料経口補水液の摂取で対処します。

潜伏期間が5~7日間あり、完治するには、熱やのどの痛みは4~7日間、目の炎症は7~10日間ほどかかります。

 

予防方法

20150429_4

アデノウィルスは種類が多いため、一度感染しても他の種類にかかる事があり、何度も感染する場合があります。
予防するには手洗いうがいのほかアルコール消毒をするとともに、同じお風呂に入らないタオル等は同じ物を使わない等の対処が必要です。

 

まとめ

アデノウィルスは感染力が強く、重症化し死にいたる危険性があります。

手洗い・うがいをして自分が感染をしないようにし、感染者にはマスクをしたり家で安静にしてもらうなど、適切な対処をしてもらいましょう。

Sponsored Link

コメントを残す