くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

クラシコとは何?意味は?過去の対戦結果は?得点ランキング有り!!

clacico

 

あなたは

クラシコの意味

ご存知ですか?

 


いよいよ伝統の一戦クラシコですね!

ところで・・・
『クラシコ』
って何?

 

そりゃもちろん
FCバルセロナ vs  レアル・マドリード
の事さ!

サッカーファンなら誰でも答えられます。

 

じゃあクラシコの意味は?

そもそもなんでクラシコって言うの?

今回はクラシコについてまとめてみました。

 

『クラシコ』の意味

スペイン語で『El Clásico』(エル・クラシコ)
正式には『古典の/伝統的な』という意味ですが、
サッカー用語の伝統の一戦として広く捉えられています。

日本ではよく『伝統の一戦!クラシコ!!』と言いますよね。
あれは『伝統の一戦!伝統の一戦!!』と言ってることになりますね。

 

基本的にはリーガ・エスパニョーラ(サッカースペインリーグ)で行われる、
バルセロナ vs  R・マドリードの試合
という考え方で間違いありません。

別名は『スペインダービー』。
ミラノダービーや、マンチェスターダービー、さいたまダービー
等と同じくくりになります。

 

ダービー(ダービーマッチ)とは
英語で『Derby match』
同じ地域や、同じ条件に属するクラブ同士で行われる
試合の事を指します。

 

Sponsored Link

なぜ伝統の一戦なのか?

両チームの初対戦は1902年から現在まで、
実に226試合もの戦いを繰り広げてています。

それぞれがスペインを代表する大都市のメガクラブで、
実力クラブ、常に優勝争いを繰り広げているから。

 

もちろん上記の理由もありますが、
それだけでは語れないのがこのクラシコ。

クラシコには
歴史や政治的背景を多分に含むところがあります。

 

それに関して参考になる記事がありました。

CLよりも上? バルサ対レアルの“クラシコ”が世界で一番盛り上がる理由

要は、クラシコが
過去カタルーニャに行われた政治的抑圧に対する怒りのはけ口、
独立を訴える代理戦争になっている部分があるみたいです。

 

カタルーニャ州の州都がバルセロナ。
スペイン(国)の首都がマドリード。
ある意味国対国の戦いです。

あの異様な盛り上がりの影には
そのような理由もあったようです。

 

ちなみに、R・マドリード→バルセロナもしくは
バルセロナ→R・マドリードへの移籍はタブー中のタブー
とされているようです。

もし、これを破ると、ファンの怒りが爆発します。

 

過去にルイス・フィーゴがバルセロナからR・マドリードへ移籍した際は、
試合中に豚の頭を投げつけられ、町では暴動が起き、
フィーゴ経営の日本食店が破壊される等、散々な目にあったようです。

ただ、この時はフィーゴにも問題があったようで、
『移籍しない』と言っていた2日後にレアルマ・ドリードへ
移籍が決まったようです。当時フィーゴはバルサのエースです。

そりゃファンからしても
『は!?ふざけんな!!』
ってなりますよね。

 

過去の成績

上記でも述べましたが、
これまで行われた試合は226回。

成績はR・マドリードが90勝88敗48引き分け
と、若干勝ち越しています。

 

ただし、今期行われた試合(2013/10/27)では
バルセロナが2-1でR・マドリードを下しています。

実力はまさしく伯仲していると言えます。

《得点ランキング》(以下R=レアル・マドリード/B=バルセロナ)
1位 18得点 ステファノ(R)/メッシ(B) (同立1位)
3位 15得点 ラウール(R)
4位 14得点 セサル(B)/ヘント(R)/プスカシュ(R)
7位 12得点 サンティリャーナ(R)/C・ロナウド(R)
9位 10得点 ウーゴ・サンチェス(R)/ファニート(R)/ジョセップ(B・R)

(以下略)

引用元

 

今回の試合でメッシが単独1位になる可能性も
あるので、そこも見物ですね。

見所満載のクラシコ
リーガエスパニョーラ第29節は
日本時間の24日朝5時キックオフ!!

Sponsored Link

コメントを残す