くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

なぜセレッソ大阪育ての親クルピ監督は日本を去ったの?また戻ってくるよね?

kurupi

 

C大阪の育ての親クルピ監督

なぜ彼はC大阪を去ったのか?

今どうしてるの?

 

 

前回の記事でも述べましたが、
クルピ監督は、香川真司、清武弘嗣、柿谷曜一郎など
そうそうたるメンバーを排出しています。

そんなクラブが誇る、
いや日本が誇るJリーグの監督が
なぜ、今になってセレッソ大阪を去ってしまったのか?

もう戻ってくる事はないのか?
今回はレヴィー・クルピ監督退任の真相
焦点を当てていきたいと思います。

クルピ監督また戻ってくるんじゃ・・・

実はクルピ監督は家庭の事情等で何度かクラブを去っています。
ですが、クラブの要請の度に戻ってきました。

じゃあ今度もひょっこり帰ってくるんじゃね?
と思ってるそこのあなた、甘いです。

 

そもそもなぜC大阪は契約更新しなかったのか?

今回クルピ監督は契約期間満了と言う事で、
後任にバトンを渡す形で退任しました。
ただ、クラブ側にも契約延長という手段があったはずです。

今年はC大阪にとって勝負の年になります。

理由は・・・

フォルラン等も加入し、クラブとしての注目度は抜群。
ただし、契約は2014年12月までなので
フォルランがいるのは今季限り。

そして、チームの絶対的エース柿谷は
恐らく今シーズンが終われば、海外に挑戦するでしょう。

W杯イヤーなので、柿谷以外も力のある若手は
海外への移籍の道が開かれます。

これらを考えればC大阪は今年が優勝に最も近い年
であると同時に今期を逃せば
またしばらく優勝から遠ざかる可能性があるからです。

あなたがC大阪の首脳陣である場合、
この大事な時期に監督を変えるでしょうか?

最後の詰めという部分で変えるという方もいるかもしれませんが、
私なら絶対に変えません。
『今年だけでもいいので契約を延長してくれ』と言います。

監督を変えるという事はある意味博打です。
いくら名将と呼ばれる監督でも、
そのチームに合わなければ結果は出せません。

ましてや、今年から指揮をとるポポビッチ監督は
期待されていますが、比較的監督歴は浅いです。

対するクルピ監督は今まで長くC大阪で結果を出し、
日本を代表する選手を次々に誕生させました。

それもそのはず、実はクルピ監督は
一度ブラジル代表監督の最有力候補にまでなった実力者です。
(その時は監督の問題発言で白紙となってしまいましたが)

それ程の実績のあるクルピ監督と契約延長をしない事に、
デメリットはあってもメリットなどほぼありません。

ここから考えるに、
クラブ側は契約延長したかったが、
クルピ監督側が延長を拒んだと考えるのが自然です。

 

なぜクルピ監督はC大阪を去る決断をしたのか?

上記でも述べましたが、
私はクルピ監督が自らの意思で
契約を延長しなかったと考えています。

以下、考えられる理由です。

年齢的な問題

監督という仕事は超ハードワークです。

南アフリカW杯の際の岡野監督を思い出して頂ければ
分かりやすいかもしれませんが。

試合は勿論、練習での指導、対戦相手の分析etc…
数多くの仕事があります。
まさに四六時中チームの勝利の事を考えねばなりません。

そして、万一結果が出なければ、
ファンには野次を飛ばされ、選手からは批判があり、
首脳陣からはプレッシャーを与えられます。

そんなハードワークを60歳を超えた
クルピ監督が続けるのは困難ではないでしょうか?

無理ではないにしても、
長年一つのクラブで監督を勤め上げた方です。
ここらへんで、少し休みたいと思っても不思議ではありません。

現に、クルピ監督本人は監督業は続ける意思があるそうです。

金銭的にも問題はありません。
なんせクルピ監督はブラジルに日本食店を持ち、
大繁盛しているそうなので・・・

 

新たな挑戦

監督も人間です。
実力のある選手がJリーグから欧州リーグに挑戦したい
と考えるのと同様にクルピ監督も欧州に挑戦したい
と考えているのではないでしょうか。

年齢的な部分を考えても
60歳を過ぎた監督がさらなるステップアップを
考えるには限りがあります。

そして、既に複数のクラブからオファーがきているようで、
来年の中頃まで休養をとった後オファーを検討するそうです。

クルピ監督本人も

『できれば、欧州のクラブで新たな経験をしたい』

と言っています。

以上の理由から、
まず日本に戻ってくる事はないだろう。
と考えています。

仮に戻ってくるにしても、すぐにという訳ではなく、
欧州クラブ(もしくはブラジルやアジア諸国)
で指揮を執った後になるのではないでしょうか?

※クルピ監督の動向についてはコチラを参照しました。

 

 

クルピ監督がいなくなった今・・・

 

クルピ監督が新天地を求める理由も
よく分かります。
なので、これからもクルピ監督を応援していきたいです。

ただし!!

私も多くのC大阪ファンと同様、
クルピ監督には戻ってきてもらいたいです。

彼の存在は間違いなく、
日本サッカー界にとっての宝だと思っています。

これからも、声を大にして
『カムバック!!レビー!!』
と叫び続けたいと思います。

また、次回の記事ではクルピ監督が
なぜあれ程の選手を生み出す事ができたのか?

クルピ監督がいなくなった今、
日本サッカー界はどうすれば、
第2、第3の香川、柿谷を生み出す事が出来るのか?

をまとめたいと思います。

ちなみに、

もしブラジルに行くことがあれば是非訪れてみたいのが
日本食レストラン『AZUKI』

上記でも述べたクルピ監督が経営する日本食料理店です。
回転寿しもあり、お店にクルピ監督が顔を出す事も・・・

来年の中頃まではそこでのんびりしているようなので、
W杯でもし近くに立ち寄った方は
是非訪れてみてください!!

Sponsored Link

コメントを残す