くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

セレッソ大阪からなぜ日本代表が沢山出てくるの?

kakitanikiyo

 

なぜセレッソ大阪には

日本を代表する選手

いっぱいるの?反則じゃね?

 

 

 

 

 

 

1度は気になった事ありますよね?
私も気になってました。

C大阪からは
香川真司、清武弘嗣、乾貴士が巣立ち、

今現在も
柿谷曜一郎、山口蛍、扇原貴宏、杉本健勇、南野拓実
などが所属しています。

とにかく若くていい選手がどんどん出てくる。
しかもそれぞれが、まさしく日本トップクラス。

これはなぜなんだ?
なんか怪しい事でもやってんじゃないのか!?
と思われても仕方ないと思います。

で、結構前の記事になるんですが、
非常に参考になる記事がありましたのでご紹介します。

それがコチラ↓

『なぜセレッソ大阪から日本代表が大量に輩出されるのか?』
Yahoo!ニュースより

 

簡潔にまとめると

■『育成型クラブ』というクラブ方針

■クルピ監督の存在

■ハナサカクラブを始めとした育成組織の強化(+サポーターによる基金)

■香川など先輩選手の活躍による刺激

 

クラブ理想型の一つ

これだけ良い選手が出てくるのも納得です。
若い選手が海外を知る事で、早くから明確な目標を持ち、
それを実現するための環境もある。

しかも、
それらを支えるのが
クラブのサポーター。(まさしくサポートしてます)

私はC大阪ファンではありませんが、
ファンになってしまいそうです。

記事の最後の部分にもありましたが、
将来的にはトップチームを全員育成組織出身に
することが目標だそうです。

クラブチーム理想形の一つですね。

なんだか本当に実現しそうですし、そうなったら
今よりもっとJリーグが盛り上がると思います。

世界に誇るプレーヤーが次々と誕生し、後輩がそれに続く。
これはクラブだけではなく、
日本にとっても本当にすばらしい事ですよね。

このとりくみは既に成功していると言っても
過言ではないですが、さらに素晴らしい結果になる事を
心より応援しております!!

 

クルピ監督は今・・・

あと、気になったのがクラブ躍進の立役者クルピ監督。

前述で挙げた香川、清武、乾は育成組織出身ではありません。
彼らが今ここまでの活躍を納める事が出来たのは、
クルピ監督の存在が大きかったからだと言われています。

そのクルピ監督は2013シーズンが終わり、
契約満了で退任してしまいました。
C大阪をここまで育てた、影の功労者クルピ監督。

なぜクルピ監督はこれほどの選手を育てることができたのか?
なぜクラブ側は契約を更新しなかったのか?
今何をしているのか?

 

長くなりそうなので、また別の機会にまとめたいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す