くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

どくだみ茶の効能と副作用。ニキビやアトピーにも効果的!

20150515_2_1季節の変わり目に吹き出物が出る。
年間通して冷え性で辛い。
むくみ体質で困っている。等・・・
代謝が比較的良いとされている男性に比べて、女性特有の体調不良に悩む方は多いのではないでしょうか。

加齢・ストレスなどで落ちた代謝能力を上げて体調を整えてくれるのが『どくだみ茶』。
日本古来から飲まれてきているお茶ながら、その効能について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

どくだみ茶とは?優れた効能

どくだみ茶は、どくだみ(ドクダミ科ドクダミ属の多年草)より作られます。
どくだみは木々の生い茂る場所、家の日陰など「半日陰」に群生しています。
6~7月の梅雨の時期に独特の臭いを発しながら、白い花を咲かせているのを誰しも見たことがあるでしょう。
その葉を刈り取り、干したものがどくだみ茶です。

どくだみは生薬名「十薬」と言われるほど、効能が多いことで知られています。

■どくだみの主な効能


◎便秘解消

◎アトピー・花粉症等アレルギー症状の軽減

◎冷え性の改善

◎むくみ解消

◎生理不順・生理痛の軽減

◎糖尿病予防

◎動脈硬化の予防

◎大人ニキビの解消

◎粉瘤(表皮から剥がれ落ちるはずの老廃物が真皮に滞留する疾患)

などの皮膚疾患の軽減・治癒

 

代謝の不良による症状に良く効くことから、デトックス効果のあるお茶としてダイエット中に飲む方も多いです。「十薬」と言われるのも納得ですね。

Sponsored Link

 

子供も飲める?副作用は?

20150515_2_2これだけ効能があるとなると、副作用が心配になります。

どくだみには緩下作用があるため、下痢体質の人は避けたほうが良いでしょう。
また高濃度カリウムが含まれているので、腎機能疾患をお持ちの方は飲めません。
緩下作用があり子宮収縮作用もあるので、妊娠中の方も避けてください。

カフェインは含まれていませんので、子供・授乳中の方も飲むことができます。

 

★安心国産・無農薬・飲みやすいどくだみ茶(ティーバッグタイプ)はこちら

★国産・無農薬の茶葉タイプ。飲み終わった茶葉で化粧水も作れちゃう!

 

どくだみ茶の淹れ方

20150515_2_3水出し式のティーバッグ以外は、急須などに茶葉を入れて熱湯を注いで、数分蒸らすといういれ方です。
やかんで10分ほど煮出すと、より成分が抽出されやすいとも言われています。
しかし、あまり濃くいれてしまうと、独特の香りや風味が出て「飲むことが苦痛」になるので注意が必要です。

 

どくだみ茶を飲み続けると、尿量・便量が増え、太りにくくなります。
体系維持・健康増進のため、毎日のデイリードリンクとして、気軽に飲み始めてみてはどうでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す