くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

【枝豆】プランター、畑での育て方は?摘心、水やり、支柱の使い方

20150602_1_1ビタミンA、ビタミンC、大豆イソフラボン等、健康と美容に効果がある食材「枝豆」。

スーパーで買ってきて食べても美味しいですが、とれたてはそのまま食べても甘いです。
※収穫後1日たった枝豆にくらべて、とれたての枝豆はショ糖(甘み旨み成分)の量が2倍以上!

【枝豆】美味しい食べ方は?茹で方・レシピ・カロリー

 

家庭菜園、プランターでも簡単に枝豆を栽培することができます。
家でとれたて枝豆を味わってみませんか?

 

Sponsored Link

豆まきと収穫時期

20150602_1_2■種まきの時期
4月上旬から6月下旬
(寒い地方、寒暖の差が激しい地域は後ろ倒しにするのがおススメ)

■収穫時期
6月中旬から9月下旬
まさに夏の食材ですね。ビールの美味しい時期と重なります。

 

枝豆の育て方(プランター)

20150602_1_3【準備するもの】
・60cm以上幅のコンテナ
・培養土
・鉢底石
・化学肥料

 

【育て方】
鉢底石をプランターの底に敷き詰め、その上に培養土を入れます。プランターいっぱいに土を入れないようにしましょう。水で土が膨らみます。
深さ2cmくらいの穴を20cm間隔で作ります。穴が6箇所できればちょうど良い間隔。たくさん収穫したいので間隔を狭めたくなりますが、我慢。初心者の方は間隔を空けたほうが良いです。

1つの穴に3粒ずつ種まきして、土を優しくかぶせます。手で押さえつけないこと
その後、水を表面が濡れるまでたっぷりやります。

はじめは双葉が出てきます。その後生えてくる本葉の状態になったら間引き(生育の良いものを残してそれ以外は抜いてしまう)して、1箇所に2本の苗の状態にします。

本葉が5枚以上生えてきたら摘心のタイミング。摘心とは苗の先端につく芽を摘むことです。摘心をすることで、植物はもっと枝を増やそうとします。結果収穫量が増えるというわけです。5枚以上本葉が生えてきたら、ぜひとも頭頂部の葉は摘みましょう。

支柱(30cm~40cm)を立てます。1本の支柱に対して2本の苗を支えます。
苗の下部をひも等で優しく固定します。中間部も優しく固定します。太く元気な苗になるように、くれぐれもきつく結ばないようにしましょう

つぼみが付き始めたら、プランターのふちに沿って少しだけ肥料をあげます。あげすぎると実のつきが悪くなります。肥料をあげたら苗の根元に土を寄せて盛り上げておきます。枝豆の根は浅く張るので転倒防止になります。

花が咲いて40~50日後に収穫の時期を迎えます。枝を切って収穫してもいいですし、枝ごと抜いても収穫できます。

 

Sponsored Link

 

枝豆の育て方(畑)

20150602_1_4【準備するもの】
・堆肥
・石灰
・油粕
・化成肥料

 

【育て方】
種まきの2週間前くらいに、堆肥・石灰・油粕・化成肥料を土に混ぜ込んで、よく耕します。

30cm間隔で深さ2cmの穴を作り、種を3粒ずつまく。そのあとふんわり土をかけておきます。種まき後2日間は水やりは控えましょう

はじめは双葉が出てきます。その後生えてくる本葉の状態になったら間引きして、1箇所に2本の苗の状態にします。

本葉が5枚以上生えてきたら摘心をします(プランターの場合と同じ)。

支柱(30cm~40cm)を立てます(プランターの場合と同じ)。

水やりは土が乾いたらやりましょう。水のやりすぎは根腐れの原因となります

花が咲いて40~50日後に収穫の時期を迎えます。

 

丈夫に育てるコツ

■肥料
プランターの場合は、培養土内に肥料が含まれているので、種まき時に肥料は不要です。
畑の場合、肥料は化学肥料・堆肥・石灰があれば大丈夫。これらをしっかり混ぜて耕すだけで大丈夫です。可能であれば油粕等も混ぜてください。

 

■害虫、害鳥対策
●害虫
苗の時期にカメムシ類がたかります。薬剤で防除可能です。苗の上の方の葉が白くなったらハスモンヨトウの幼虫が群生している証拠。葉裏を確認して幼虫がたかっている葉ごととってしまいます。

●害鳥
双葉が出る頃が狙われやすい。寒冷紗(木綿やナイロンを粗めに織った布カバー)をかけておくと鳥がついばめません

 

おススメ枝豆栽培グッズ

■枝豆栽培一式セット。自由研究にもおススメ

 

■甘味が強く丈夫な品種。くろべえーの種

 

■畑で作るならコレ!有機石灰で丈夫な苗に

 

■お買い得!大切な双葉を守る防鳥ネット

 

枝豆を栽培する過程を楽めるのはもちろんですが、手塩にかけた枝豆は食卓の主役になること間違いなしです!ぜひ家族で枝豆作りに挑戦してみてください。

Sponsored Link

コメントを残す