くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

日本FIFAランキング48位に!グループC他国の順位は?

rp_bzwcup_ball-300x19911.jpg

 

最新のFIFAランキング発表!

日本の順位は?

グループC他の国は?

 

 

 

FIFAが本日最新のFIFAランキングを発表したそうです!
それによると、前回50位→48位と2ランクアップとの事です!

6月に開幕するブラジル・ワールドカップで、日本が所属するグループCの他国では、コロンビアがグループトップの5位、第2戦の相手であるギリシャが13位、日本が初戦で対戦するコートジボワールが24位だった。日本が同グループでは、最下位となっている。

上位陣では、1位のスペイン、2位のドイツ、3位のアルゼンチン、4位のポルトガル、5位のコロンビアは変わらなかった。ワールドカップの開催国であるブラジルは、9位となっている。

詳細記事
SOCCERKINGより

 

 

Cグループでの日本の位置づけ

ちなみに
グループCのここ1年のFIFAランキングの平均値を算出してみました。
(小数点以下切り捨て。)

コロンビア・・・4位(最新5位)

ギリシャ・・・12位(最新13位)

コートジボワール・・・16位(最新24位)

日本・・・41位(最新48位)

各国のFIFAランキング推移元データ
コロンビアギリシャコートジボワール日本

やはり、どの国も日本より平均して高い順位を保っています。
他のグループに比べると比較的楽なグループと言われていますが、
全く安心はできません。

 

各国の順位について

アジア勢ではイランがトップで42位。日本はアジア2位みたいですね。
その他にも韓国が60位、オーストラリアが63位との事です。

ブラジルが9位というのは意外でした。
ここ1年間の試合を見ても、1位のスペイン、2位のドイツより
結果を出しているように思います。

FIFAランキングの算出方法は調べてみましたが、
少々分かりづらい部分もありますので、
また別の機会にまとめたいと思います。

ザックJAPANのFIFAランキング推移

記事にはこのような順位もありました。

アルベルト・ザッケローニ監督就任後における日本の順位の推移は、以下のとおり。(2010年8月31日に就任会見。初陣は同年10月のアルゼンチン戦)

2010年8月 32位
2010年9月 30位
2010年10月 30位
2010年11月 30位
2010年12月 29位
2011年1月 29位
2011年2月 17位
2011年3月 15位
2011年4月 13位
2011年5月 14位
2011年6月 13位
2011年7月 14位
2011年8月 15位
2011年9月 15位
2011年10月 17位
2011年11月 19位
2011年12月 19位
2012年1月 19位
2012年2月 30位
2012年3月 33位
2012年4月 30位
2012年5月 30位
2012年6月 23位
2012年7月 20位
2012年8月 22位
2012年9月 23位
2012年10月 23位
2012年11月 24位
2012年12月 22位
2013年1月 21位
2013年2月 28位
2013年3月 26位
2013年4月 29位
2013年5月 30位
2013年6月 32位
2013年7月 37位
2013年8月 37位
2013年9月 42位
2013年10月 44位
2013年11月 48位
2013年12月 47位
2014年1月 48位
2014年2月 50位
2014年3月 48位

ちなみに日本の過去最高順位は1998年2月の【9位】です。
そう考えるとザックJAPANは当初は凄く良かったんですね!
※現行のランキング算出方法だと2011年6月の【13位】が最高。
世界で9番目に強かった時期も?日本代表とFIFAランキング
フットボールチャンネルより

ただザッケローニ監督に対する風当たりが、
どんどん強くなっているのもこの順位推移が
物語っているかもしれません。。。

でも、ここにきてちょっと盛り返したので、
6月までにはもうちょっといい順位になってる事を祈ります。
頑張れザックジャパン!!

Sponsored Link

コメントを残す