くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

腹膜炎とは?症状・原因・治療法・手術・各種費用・手術後の注意点

20150708_2_1はそwqrq qouilllliplyaq wsfji k i kl

腹膜とは胃、腸、肝臓、腎臓、膀胱、子宮などを覆う膜で、腹膜に細菌感染や物理的・化学的刺激が加えられることによって炎症が起こったのが腹膜炎です。
腹膜炎は急性腹膜炎慢性腹膜炎に分けられ、さらに急性腹膜炎は限局性腹膜炎急性汎発性腹膜炎に分けられます。

 

この中でも急性汎発性腹膜炎は、命に関わる重病になる可能性があるので注意が必要です。
腹膜炎の原因や症状、治療法について見ていきましょう。

 

Sponsored Link

原因

腹膜炎は他の消化器官がなんらかの病気にかかった際に、合併症として起きる病気です。
原因には細菌因子と科学因子の2通りがあります。

細菌因子とは、消化器官の炎症が波及することです。
最も多いのは急性虫垂炎、すなわち盲腸の合併症として起きる場合です。
盲腸が進行すれば炎症が腹膜まで波及し、腹膜炎に至ることがあるので注意しましょう

盲腸の他に細菌因子となる病気は、急性胆嚢炎、急性膵炎などです。

 

盲腸について詳しくはコチラ→盲腸(虫垂炎)の症状や痛む場所、原因は?手術費用と入院期間

 

化学因子とは、外傷や消化管疾患によって消化管に穴が空いたときに胃液や胆汁などが腹膜へ漏出することです。
打撲や交通事故で外傷を負った場合や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの消化管疾患を起こした場合は、腹膜炎を起こす可能性があるので注意しましょう。

 

症状

症状として必ず起こるのは腹痛です。前兆として腹部不快や軽い腹痛を起こす場合がありますが、たいていの場合は急激な腹痛に襲われます。
痛みはずっと持続し、限られた部位から徐々に腹部全体が痛くなっていくでしょう。

 

腹痛以外の症状として、吐き気嘔吐発熱頻脈などが見られることもあります。
病気を放置して進行してしまえば、脱水やショック状態に陥るでしょう。

 

Sponsored Link

 

治療法、治療費、手術費用

消化管に穴が空いておらず、腹膜炎の部位が限られている限局性腹膜炎の場合には、抗生剤の投与で済むこともあります。
しかし原則として、腹膜炎を起こした場合は緊急の手術が必要です。
お医者さんが腹膜炎を軽視して、深刻な消化疾患が見逃される場合もありますので注意しましょう。

 

腹膜炎の多くは盲腸などの合併症として起こるので、治療費や手術費もその病気の治療費に加算される形で請求されます。
一例として盲腸の合併症として腹膜炎が起こった場合、手術費用・入院費用合わせて3割負担で20万円ほどになります。25万円ほど用意すれば問題ないでしょう。
盲腸の治療費が平均10万円前後なので、腹膜炎を起こすと2〜2.5倍かかることになります。

 

腹膜炎は基本的に他の病気を放置した結果の合併症として起こる病気なので、腹膜炎が見つかったときにはもう既に病気が進行しきっている証拠でもあります。
なるべく腹膜炎を起こす前に、原因となる病気を早期発見して治療するようにしましょう。
体に異常を感じたら、無理せずに病院に行くことが大切です。

 

手術後注意する点

腹膜炎を手術で治療した後も油断は禁物です。
盲腸やガンからの合併症であれば、再発する可能性もあります。

腹膜炎で手術をすれば、腹部に痛みや張りがあることは珍しいことではありません。
しかし痛みが何日も続いたり、不自然な痛みがあるようなら、直ちに病院に行って診察を受けましょう。
発熱や下痢、嘔吐があるようでしたら、間違いなく炎症を起こしているので即刻治療が必要です。

 

まとめ

腹膜炎は、腹膜に炎症が起こる症状です。
虫垂炎など消化器官が炎症を起こしたり、外傷で消化器官が傷ついたことを原因に起こる合併症になります。

 

ある日突然、急激な腹痛が起こるのでわかりやすい症状ですが、他の病気の進行を放置した証拠でもあります。腹膜炎を発症する前に、原因の病気を治療するのが望ましいです。

 

治療費に関しても、他の病気に上乗せされて加算されるため割高になってしまいます。
また手術後も油断せずに経過に注意しましょう。
不自然な痛みなど感じるようであれば、すぐに病院に行ってお医者さんに見てもらうのが一番です。

Sponsored Link

コメントを残す