くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

ふるさと納税2015!ランキング上位は?納税方法と貰える特産品

欲しい特産品・特典が貰えて、
税金が戻ってくるとても魅力的な制度があるのはご存知ですか?

ふるさと納税は聞いたことあるけど難しそうという人でも
手続き方法や注意点、どんな特産品があるのか
わかりやすくご紹介します。

Sponsored Link

ふるさと納税とは

150407_1

自分で納税したい自治体(都道府県や市町村)を複数選んで寄付する事で
確定申告の際、ふるさと納税したことを申告すると
寄付した金額により税金が還付される『ふるさと寄附金』制度がありあます。

自治体により寄附金額に応じて感謝特典があり、
寄附金の使い道も選択できます。

寄附する自治体は、自分の故郷ではなくても
思い入れのある地域や支援したい事業、
また、欲しいお礼の特産品・特典から選ぶ事が出来ます。

これらの制度を総じてふるさと納税制度と呼びます。

 

税金還付について

150407_2

『税金の還付』ですが
2,000を超える金額を寄付して確定申告をすると

  • 一年間で寄附した金額から2,000円引いた額のおよそ10%が
    所得税控除となり指定した口座に振り込まれます

さらに

  • 一年間で寄附した金額から2,000円と所得税控除額が引かれた額が
    住民税控除となり翌年度の住民税が減額されます。

すなわち、
1年間で10,000の寄付をした場合、
800が所得税還付金として口座に振り込まれ
翌年の住民税から7,200円分減額されます。

自己負担は2,000になります。

税金が戻ってきますが
そのままの金額が手に入るわけではないので注意が必要です。
ですが、もともと払う税金額が減るのですから十分お得です。
※税金を払っていない人には適用されません。

 

寄附金に上限はありませんが、
所得と家族構成により、一定額以上の寄附をした場合
自己負担額が2,000円より増えます。
つまり、還付される税額が減ります

目安が総務省HPに掲載されています。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000254926.pdf

控除される額の限界額の計算が出来るサイトはこちら
http://www.satofull.jp/static/calculation.php

平成27年3月末にふるさと納税の税制改正が確定されると
平成27年(2015年)4月1日から寄附した分は、
条件を満たすと確定申告をしなくて良くなります。

また、平成27年(2015年)1月1日からは
税金控除を受けられる寄付金額の上限が約2倍になります。

 

税金の還付・減税を考える時は上限額をしっかり確認しましょう。

 

Sponsored Link

手続き方法

150407_3

では具体的にどうするのか?ですが、
寄附はインターネット上でクレジット決済出来る自治体が増えてきているので
とても簡単です。

 

①まず新聞や各自治体HP、ポータルサイトから
 寄附する自治体を選びます。
【ポータルサイトはこちら】
・ふるさとチョイス:http://www.furusato-tax.jp/
・わが街ふるさと納税:http://www.citydo.com/furusato/index.html
・ふたくす:http://f-tax.jp/

②選んだ自治体に寄附を申し込みます。
・サイト上の入力フォーム
・郵送・FAX・電子メール
・電話
・窓口
※申込方法は自治体により違います。

③振込を行います。
・クレジット決済
・郵便振替
・口座振込
・現金書留
※寄附方法は自治体により違います。

④寄附金額に応じた希望した特産品が届く、
 または特典が受けられます。

 

150407_!税金の還付・減税をする場合はここからが重要です。

 

⑤寄附した自治体から寄附金受領収書を受け取ります。

⑥翌年の3月15日までに、住んでいる市町村の税務署に提出する
 確定申告書を作成します。

確定申告書は用紙に手書きで記入も出来ますが
作成コーナーを利用すると簡単です。
https://www.keisan.nta.go.jp/h26/ta_top.htm#bsctrl

確定申告書の作成が一番大変なポイントですが
国税庁が丁寧に動画で説明しています。

寄附金控除を受ける方
動画:https://www.youtube.com/watch?v=8vM9OwXYTd8

⑦住んでいる市町村の税務署に確定申告書を提出します。
 税務署に直接提出するか郵送します。
※寄附金受領収書を添付します。

 

平成27年(2015年)4月1日からふるさと納税をした分は、
条件を満たした人は確定申告をしなくてもよくなります。

条件は
①給与所得があり、もともと確定申告をしないサラリーマンのような人
②寄附した自治体が5つまでの人

条件を満たした人の分は自治体が申告手続きを行ってくれるので
自分で申告しなくても控除されるようになります。

確定申告を忘れてしまう、期限を過ぎてしまう事が
良くあるようなので、とても助かりますね。

※個人事業主や、6つ以上の自治体に寄附する人は
 確定申告をする必要があります。

 

ランキング上位の特産品・特典

150407_4

寄附のお礼の特典なのだから、
商品券やちょっとした食品ではないかと思いますが
とても豪華な特産品のお礼があります。

人気自治体ランキングの上位は

宮崎県綾町(あやちょう)

  • 寄附金1万円以上2万円未満で
    サーロインステーキ360gや豚肉セット2kg以上やマンゴーや野菜セット等
  • 2万円以上で
    牛肉910kgやマンゴー1kg、お酒セット等

北海道上士幌町(かみしほろちょう)

  • 寄附金1万円以上で
    牛肉1kgやじゃがいも14kg、はちみつセット、アイスセット等
  • 2万円以上で
    ハンバーグ700g

鳥取県米子市(よなごし)

  • 寄附金3千円以上で
    どら焼きや商品券の詰め合わせ
  • 1万円以上3万円未満で
    ハム1kgや豚肉1kg、カニ製品セット等

佐賀県玄海町(げんかいちょう)

  • 寄附金5千円以上で
    いちご4パックやウニ、和牛等
  • 1万円以上で
    海産物セット、こしひかり10kg、いちご2箱等

豊富な特典が各自治体で用意されています。

お肉が人気ですね。
特産品の食べ物や工芸品等が多い中、
パソコンが特典になっている自治体もあります。

150407_!注意
ポータルサイトから申込した場合だけの特典もあります。
人気の特典は申し込みが閉め切られていたり、
特典が届くまで半年から1年かかるものもあります。
特典は何度も貰えるものと、
1年に1回など回数が決まっている場合があります。

事業は、子供に関わるもの・子育てに関わるものや
災害支援が希望する使い道として選択する人が多いです。

 

まとめ

商品を購入するわけではなく、
あくまで、寄附をした事への感謝としてのサービスですが
2015年からの改正でさらに便利になりますので、
この制度を活用して地域の事を知り、事業について考えながら
地域の活性化に貢献してみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す