くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

高麗人参の由来や効果!値段や調理法は?こんな人は食べない方がいい

不老長寿の仙人になれるといわれる薬高麗人参(こうらいにんじん)
中国で2000年もの昔から不老長寿の薬として活用され
養命酒にも入っている事で滋養強壮(じようきょうそう)の漢方として有名な
高麗人参について紹介します。

Sponsored Link

高麗人参の由来は?実は人参の先輩・・・?

kourai1

高麗人参は中国北東部から朝鮮半島を原産地とするウコギ科の多年草です。
人の形に似ている事から『人参』と呼ばれるようになりました。
野菜の人参はセリ科の植物なので、別物です。

 

日本では、セリ科の根菜が伝来した際に、
高麗人参の様に肥大化した根を用いることから
せりにんじん』と呼ばれるようになり、
野菜として一般的になっていく中で、にんじんと略されました。

そして日本の業者が『せりにんじん』と区別するために
ウコギ科の人参を『高麗人参』と名付けたのです。
※高麗とは朝鮮半島に存在した統一王朝で、西洋語のKoreaの語源となっています。

つまり『人参』としては高麗人参が今の人参よりも先輩?ということになります。

 

ちなみに高麗人参はオタネニンジンとも呼ばれ、
オタネとは八代将軍徳川吉宗が各地の大名に
高麗人参の『御種(おたね)』を分けた事から由来します。

高麗人参の驚くべき効果

denset

中国では古来から高麗人参の7つの効能が伝えられています。

[deco_bg image=”paper4″ width=”500″]

〜高麗人参七効説〜

補気救脱(ほききゅうだつ)
活力気力を補う。疲労回復老化防止

益血復脈(えきけつふくみゃく)
血液の生成、流れを促進し、冷え症や貧血、低血圧の改善

養心安神(ようしんあんしん)
自律神経を整え、ストレスを緩和させる

生津止渇(しょうしんしかつ)
体液の分泌を促し、肌を潤す糖尿病の改善

補肺定喘(ほはいていぜん)
呼吸器の働きを補い、喘息や肺結核の改善

健脾止瀉(けんぴししゃ)
消化器官を活性化させ、下痢や便秘改善

托毒合蒼(たくどくがっそう)
毒素排出作用により免疫力向上肌荒れ改善
[/deco_bg]
高麗人参には有効成分とされるサポニン(ジンセノイド)が多く含まれています。
※サポニンの主な効能・・・上記の7効能に加え、抗がん作用もあるとされている。

特に韓国産の高麗人参にはサポニンが30種類以上もあり、
高い効果を発揮します。

 

他にもミネラル・マグネシウム・カリウム・アルギニン等
多くの栄養素を含んでおり、美容にも嬉しい効果があります。

また、栽培年数が4年の物より6年の物の方が
サポニンを多く含んでおり最高級とされます。

Sponsored Link

 

種類・値段・調理法

高麗人参には
皮ごと乾燥させた紅参(べにさん)
皮をむいて乾燥させた白参(はくさん)
生の状態の水参(すいさん)
があります。

値段に関してはピンキリですが、
紅参の六年根に関しては30グラムで1,500〜2,500円ほどするそうです。
参考サイト:http://xn--gmq95j107eved.la/quality.html

 

[illust_bubble subhead=”ちょっと値段が高い・・・” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]

そんな方には粉末状の高麗人参!
粉末状の物は価格も安く、お湯に溶かすだけでお茶として楽しめます。
苦味がある為、はちみつを加えるのがオススメです。[/illust_bubble]

 

高麗人参の一般的な調理法としては、
高麗人参酒、お茶、サムゲタンなどがあります。

【サムゲタンの作り方】※音量注意

 

7つの効能で美容・健康の味方!ただしこんな方は・・・

上記でも挙げた7つの効能で、健康や美容にも素晴らしい効果を
発揮してくれる高麗人参。

ですが、高麗人参は生薬である為、
心臓病や高血圧の方妊娠中、授乳中の方
食べられるのを避けた方がいいかもしれません。

美味しく安全な万能薬で美容と健康を手に入れましょう!

Sponsored Link

コメントを残す