くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

クルピ監督はなぜ日本代表を多く生み出せたの?今後の日本サッカー界の課題。

crupi

 

クルピ監督がいなくなった今

今後の日本サッカー界

どうすればいいの?

 

 

前回の記事でも述べましたが、
クルピ監督は、香川、清武、柿谷など
日本代表を多く排出しています。

この事ははっきり言って
偶然等で片付けることができません。
今回は、なぜクルピ監督がこれ程の選手を生み出す事ができたのか?

クルピ監督がいなくなった今、
日本サッカー界はどうすれば、
第2、第3の香川、柿谷を生み出す事が出来るのか?

をまとめたいと思います。

 

どうしてクルピ監督の下からあんなに良い選手が?

クルピ監督は自分が選手を育てたんだ!
という事をほとんど言っていません。

これほど素晴らしい選手が生まれたのは、
それまでの指導してきた人、クラブの充実した設備やスタッフ、
選手個人の努力の賜物。

自分はただ、それを見いだし、アドバイスして
ピッチに送り出しただけだと言っています。

謙虚な気持ちも若干混じってるかもしれませんが、
これは素直に受け止めて良いと思います。

クラブ設備や、スタッフ、サッカーの環境面では
自信を持っていいという事です。

ではどのように選手を見いだしたのか?

 

若い選手関係なく徹底した実力主義

日本では徐々に実力主義になってきたといっても
まだ年功序列的な部分がありますよね?
若い選手での冒険はなかなかしない。

クルピ監督は若い選手でも実力さえあれば
どんどん使うみたいです。

それが結果的にそれまで埋もれていた、
香川、清武、乾などの選手をいきなり見いだした!
という形になったみたいです。

ここで浮かび上がるのが日本サッカー界の問題点です。

 

トップチームと下部組織の連携が不十分

クルピ監督は

下部組織の選手がトップチームの練習へ参加できるようにする。
下部組織に、もし良い選手がいればガンガン引き上げる。

という事が必要だと言っています。

たしかにそうですよね。
Jリーグでは下部組織の選手でも
相当いい選手でなければ、なかなかトップチームに昇格できない。
(仮にトップチームへ昇格しても、すぐには使ってもらえない)

という現状があります。

契約やら、年齢やらが関係するのかもしれませんが、
このような慣習は排すべきだと思います。

試して駄目ならまた下部組織で勉強し直せばいいんです。

そこらへんは野球を見習うべきかなと・・・
野球の2軍と同じようなシステムがあればなー
と思います。

 

実戦経験が少ない

クルピ監督は日本の練習では基礎練習に重点を置きすぎて、
実戦形式の練習がほとんどない
と指摘しています。

球技系のスポーツ経験者は
心当たりのある方が多いと思います。
確かに日本って、【基礎】を物凄く重要視してますよね。

勿論、基礎は大事だし、
そこがなかればどんな技術も
ただの飾りになる。

だけど、それを求めすぎてるんじゃないかなと・・・
ある程度基礎を身につけたのなら、
後はとにかく実戦経験を増やす。

実戦からしか学べない事は沢山ありますし、
実戦の方がやっぱり楽しく、
選手の意欲にも繋がりやすいと思います。

そして、指導者側からしても、
選手の試合中の動きを多く見る事ができるので、
実力を正確に判断する事が出来ます。

これらの問題は、
すぐに解決・改善する事は難しい部分でもありますが、
実験的にでもどんどん取組むべきだと思います。

 

将来の日本サッカー

日本サッカー界の問題点は分かりました。
では、選手はどうなんでしょう?

いくら良い選手を見いだせばいいと言っても、
そこら中に香川や柿谷のような選手が
いるわけではありません。

どうすれば良い選手は生まれるのでしょうか?

 

大きな夢を持てるか?

ブラジルではなぜあれ程素晴らしい選手が
次々に誕生するのかという問いに対して

理由は様々ありますが、クルピ監督が特に強調するのが
大きな『夢』を持てるか?という所です。

ブラジルの子供には、
ロナウジーニョ、ネイマールのような具体的な目標があり、
自分も絶対にそうなるという『夢』があるから
次々素晴らしい選手が誕生するそうです。

あれ?でもこれって、
日本でも徐々に土壌はできてますよね?

数年前までは、日本人が欧州で活躍するなんて
想像もできませんした。

ですが、中田、中村らが欧州クラブを開拓し、
長友、香川、本田が強豪クラブを開拓しました。

彼らのおかげで
次第に日本人選手が欧州市場でも
受け入れられるようになってきています。

子供からしても、欧州で活躍する事は実現可能なんだ、
日本人でもやれば出来るんだ。
と欧州で活躍することを具体的な夢として持つ事ができます。

そして、それらの選手がまた世界で活躍し、
ビッククラブでエースとなる選手が誕生すれば、
次世代に世界的なプレーヤー多く生れる。

つまり相乗効果です。
日本は今まさに、この“相乗効果を生み出せる国”
成長しつつあるという段階だと思います。

 

日本サッカーはいずれ世界一に

クルピ監督は

プロリーグ発足後これだけ強くなった国は他にはない。
このまま成長していけば、スペインやブラジルにも追いつき
必ず世界トップクラスになれる。

と言っています。

凄く期待させてくれますね。。。

クルピ監督は日本に多くのヒントを
残してくれました。
後は、そのヒントを生かすかどうかです。

私個人の願望としては、日本サッカー界をどんどん発展させ、
日本からメッシやロナウジーニョのような選手が
登場する所を早く見たい!

という感じです。

 

今回の記事はこちらの記事を参考に文章を構成しております。

クルピ監督の見開き6ページのインタビューや、
W杯グループCの対戦相手についてもまとめてあります。
セレッソ大阪ファンは勿論、日本サッカー界の今後に
興味のある方は一度読んでみたら面白いと思います。

Sponsored Link

コメントを残す