くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

耳鼻科での耳掃除は痛い?料金、取り方、メリットは?

20150602_2_1耳掃除は、耳かきさえあれば自宅でできることです。
しかし耳垢が上手くとれなかったり、逆に耳垢を耳の奥に押し込んでしまったという経験は誰しもあるかと思います。

上手くとれないだけならまだしも、外耳道を傷つけてしまったり、鼓膜を傷つけてしまえば目も当てられません。
耳掃除を安全丁寧に行うために耳鼻科で耳掃除をしてもらいましょう。
耳鼻科で耳掃除をするメリット、料金などについて見ていきます。

Sponsored Link

耳鼻科で耳掃除をするメリット

耳鼻科で耳掃除してもらうメリットは、やはり安全確実に耳垢を掃除してもらえることです。
自分で耳掃除した場合、外耳道を傷つけてしまえば外耳道炎耳せつになってしまい、鼓膜を傷つければ鼓膜穿孔の原因になります。

特に一日に何度も耳掃除をしたり、しょっちゅう耳垢を奥に押し込んでしまって、最近耳の調子が悪いと感じる人は要注意です。
一度耳鼻科で診察してもらい、耳掃除してもらいましょう。

掃除してもらう前よりもクリアに音が聞こえるようになるはずです。
深刻な耳の病気の予防につながるかもしれません。

 

耳鼻科での耳垢の取り方

耳鼻科で耳垢をとる際には、耳かきではなく耳垢鉗子や耳用小鈎といった特殊なピンセットで耳垢をとります。
仕上げに吸引管という掃除機のようなもので、細かくなった耳垢を吸い取り終了です。

細かい垢までとってくれるので、掃除後は耳がすっきり爽快になります。
ピンセットでとるというと少し怖い気もしますが、やはり医療のプロがしてくれることなので、耳を傷つけないよう気をつけてくれますし、掃除中痛みを感じることもないでしょう。

 

以下の動画はピンセットで耳垢をとっている様子になります。
※閲覧注意【こんなにとれるの!?すっきりする耳掃除】

 

耳鼻科での耳掃除の料金

耳鼻科で耳掃除してもらった場合かかる料金は、初診で1300円ほどが相場のようです。
初診料が282点、処置が150点の合計432点となり、1点10円なので4320円から、保険適用の3割負担で1300円となります。
二回目以降はさらに安くなるでしょう。

 

Sponsored Link

 

自分で耳垢をとる方法

実のところ耳垢は、耳の構造上自然にとれるはずなので、よほど耳の形が特殊でない限り、耳掃除する必要は無いそうです。
耳かきを使うと却って耳を傷つけたり耳垢を奥にやってしまい、むしろ悪化します。

本来は放っておくか、耳鼻科でとってもらうのが一番です。
しかしどうしても定期的に自分で掃除したいという方もいらっしゃると思うので、自分で安全に耳掃除する方法も紹介しておきます。

自分で耳掃除をする場合は綿棒を使いましょう。
あまり欲張って掃除しすぎないことが重要です。
やりすぎれば耳は傷つきやすい器官なので、知らず知らずのうちに目に見えない傷がつき、外耳炎になってしまいます。

 

まとめ

耳掃除は耳鼻科でしてもらえます。
自分でするよりも安全で綺麗になるので、耳鼻科で耳掃除してもらいましょう。
最近耳の調子が悪い人などは、特にすっきりするのでおすすめです。

自身で耳掃除を行う場合は、綿棒などを使い、掃除しすぎないように気をつけましょう。
あまりに耳垢が溜まっている場合には、やはり耳鼻科で耳掃除してもらうのが一番です。

Sponsored Link

コメントを残す