くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

夏バテを食事で回復!効果的な食べ物、レシピ、コンビニ食品は?

096910
今年の夏も猛暑日が続きそうですね。高温多湿の日本の夏は、屋外にいるだけでグッタリしてしまいます。体温調節にエネルギーを奪われてしまうからです。
暑くなるとたいていの人は食欲が落ち、夏バテしやすくなります。

Sponsored Link

夏バテと食事の関係

20150525_2_2夏になり、気温が上がると体は体温を一定に保とうと自律神経が働き、エネルギーを消費します。普段以上にエネルギーを使いますが、気温が高い時は食欲が落ちがちです。

体温調節に必要なたんぱく質ミネラルビタミンが十分に補給できないと、自律神経系統に支障が出ます。それによって倦怠感食欲不振めまい発熱便秘・下痢等の夏バテ症状が現れます。

暑いときこそ、たんぱく質補給のため、肉・魚類をしっかり食べることが大切。野菜・かんきつ類も毎日食べて、エネルギーの代謝を落とさないようにしましょう。

 

夏バテに効果的な料理一覧

20150525_2_3◎うなぎの蒲焼・白焼き
たんぱく質・ビタミンAが豊富。

◎湯豆腐
たんぱく質。あたためた豆腐は胃を温める。野菜・白身の魚を入れるとさらに良い。

◎豚肉料理全般(豚の角煮・とんかつ・豚のしょうが焼きなど)
たんぱく質・ビタミンB1が豊富(糖分をエネルギーに変える)。

◎トマトときゅうりの入ったサラダ
水分・ビタミン・カリウムの補給。

◎煮豆・枝豆
たんぱく質・ビタミンB1・ビタミンCが豊富。

他にも鶏肉料理全般かんきつ類など、たんぱく質とビタミンがとれる料理・食材が夏バテに有効。
暑い季節も口当たりの良いそうめん、飲み物ばかりではなく、火を通した油を使った料理を食べることが体調管理の要です。

Sponsored Link

美味しい夏バテレシピ

■豚玉ねぎ丼

【材料】2人分
豚ばら肉(しゃぶしゃぶ用くらい薄切りの)300g
玉ねぎ 1個
しょうゆ 大さじ2.5
みりん 大さじ2
しょうが 1かけ(2cm大)
にんにく 1かけ
油 大さじ1
ご飯 適量

【作り方】
しょうが、にんにくはすりおろし、玉ねぎは薄めのくし切りにしておく。

フライパンに油を入れて中火で熱し、すりおろしたしょうが、にんにくを加えて炒める。香りが立ったら豚ばら肉と玉ねぎを入れて炒める。

豚ばら肉に火が通ったら、しょうゆ、みりんを加えて水分がなくなるまでからめ、炒める。

丼に盛ったご飯の上に豚ばら肉をのせて完成。さらに卵黄をのせてもコクが出て美味しいです。

 

コンビニで買える夏バテにピッタリな食品

◎バナナ
ビタミン・カリウム

◎ハム・肉系のおにぎり
たんぱく質・脂質・ビタミンB1

◎梅干おにぎり
炭水化物・塩分

◎1日分の栄養を含んでいる野菜ジュース
ビタミンA・B1・B2・C

揚げ物がやたらと入っているお弁当はカロリー過多の上、消化にエネルギーを使います。
一見スタミナがつきそうですが、夏バテ気味のときは避けたほうがよいでしょう。

 

普段からバランスの良い食生活を心がけていれば、夏バテは避けられます。特に食欲が落ちたときこそ、意識してたんぱく質(肉・魚・豆)をとることをおススメします。

Sponsored Link

コメントを残す