くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

親知らず抜く必要ある?放置でいい?抜歯費用は?入院期間と相場は?

20150612_1_330代以降になって、親知らずが虫歯になって抜歯する方、親知らずが他の歯を圧迫して痛くて我慢できないため抜歯する方等・・・親知らずを抜歯する人は少なくありません。
親知らずは根が深く、埋まっていたり、斜めに生えていることも多く、抜歯に時間がかかる場合も。
抜歯に麻酔は使いますが、抜歯後の痛みが辛いという声をよく聞きます。

親知らずは生えてきたらすぐに抜歯した方が良いのでしょうか?

 

Sponsored Link

親知らずとは?

20歳前後に生えてくる上下の奥歯のこと。
別名「知歯(ちし)」「第三大臼歯」とも言われています。
日本人の平均寿命が40歳前後だったはるか昔、子供に親知らずが生えてくる頃は親が亡くなっていることが多かったため「親知らず」「親不知」の名称がついたと言われています。

 

なぜ抜く必要がある?放っておいてもいい?

「親知らずが生えてきたら必ず抜かなくてはならない」という風潮もありますが、抜かなくても良い場合もあります。

■抜歯の必要がある場合
・生えていることで歯並びが悪くなってしまう場合。
・斜めや横向きに生えている場合。
・中途半端に生えかけた状態の場合。
・歯周病の原因になってしまっている。
・外には出ていないが中で隣の歯の根元にくっついてしまっている(レントゲンで発見される)。

など、生えていることで口腔内や身体に悪影響を及ぼす場合は抜歯が必要です。

 

■抜歯をしなくても良い場合
・まっすぐ(他の歯と同じように)生えている場合。
・埋まっていて完全に出てきていない状態(レントゲンで問題なしの場合)。

 

Sponsored Link

 

抜歯の費用は?

保険診療となります。
まっすぐ生えていて簡単に抜ける場合は、相場は1000円前後~2000円弱です。
歯根が曲がっていたり、埋まっている、隣の歯根と癒着している場合は3000円前後~5000円前後の費用が相場です。これは抜歯料金なので初診料、再診料、薬代、レントゲン代が別途必要になります。

 

入院して抜歯する場合の入院期間は?

抜く本数が4本全部だったり、歯根が横になっている等の難しい抜歯手術は、入院する場合もあります。また持病があったり、精神的に不安が多い場合も入院の方が安心です。

入院期間は抜歯が簡単な場合は1泊2日のようです。入院初日は手術や施設の説明等の説明で、2日目が抜歯手術になります。抜歯手術の難易度、患者の体力によっても入院期間は変わってきます。術後の経過が悪いと1週間入院なんてこともあるようです。

本数が多かったり傷みが強くなりそうな抜歯は、全身麻酔をする場合も。その場合の入院費用(1泊2日)の相場は4万円超~6万円前後。局所麻酔だと1万円以下で入院できる場合も多いです。

親知らず全て抜くといくらになるか?費用の目安を教えてくれています。
【親知らず塾】
http://oyashirazujuku.com/wisdom-teeth-expense.html

 

親知らずに気付いたら、できるだけ早めに歯医者さんへ行きましょう。
抜歯するなら、若ければ若いほど術後の経過が良いからです。また、若いと歯や骨が柔らかいので抜歯・治療がスムーズに行えます。
30代以降になると、親知らずが原因の歯周病や身体の再生能力の低下等が起きてきます。抜歯後の回復も遅くなるので、「抜くならとにかく早め」をおすすめいたします。

Sponsored Link

コメントを残す