くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

落下腸の治し方はマッサージが効果的?逆立ちは?最悪の場合手術?

20150915_1落下腸とは、腸の位置が正常な位置からずれて骨盤に沈んでいる状態のことを言います。
落下腸になれば便秘気味になり、腹痛や下痢にも悩まされることになるでしょう。
下腹がぽっこり出て、だらしなく見えることにもなります。
せっかくダイエットで痩せても、下腹だけぽっこり出てみすぼらしくなってしまうでしょう。

とはいえ、落下腸は生まれつきの要素が強く、根本的に治すのは難しいものです。
しかし落下腸の主症状である便秘は、ある程度改善できます。
落下腸による便秘を解消するには、逆立ちマッサージなどが効果的です。

また落下腸を放置していると、最終手段として手術が必要になることもあります
落下腸の治し方について見ていきましょう。

 

Sponsored Link

逆立ち

落下腸を治す方法の一つが逆立ちです。
まずは逆立ちの効果とやり方について見ていきましょう。

■効果
逆立ちをすることで、腸の位置を矯正することが期待できます。
落下腸は、腸が正常な人よりも下に位置してしまう状態です。
そのため、逆立ちによって一時的にではありますが元の位置に戻ります
腸が元の位置に戻れば、詰まっている便秘も正常な人同様、速やかに流れてくれるでしょう。

■やり方
逆立ちは屋内のスペースのある場所で行いましょう。
ベストなタイミングは、夜寝る前朝起きたときです。
基本的に排泄は朝に行われるものなので、夜の内に腸の位置を元に戻しておき、朝の排泄に間に合わせる準備をします。

落下腸の人も夜横になっているときは腸も正常な位置に戻っているので、逆立ちしてからすぐに横になるようにして、なるべく正常な腸の位置をキープしましょう。
そして、朝起きてすぐに腸の位置を戻すことで排泄をだめ押しします。

■注意点
まず当たり前ですが、無理は止めましょう
腕で体を支えられない人などは、逆立ちをすることで怪我をしてしまいます
また逆立ちは一時的にしかできないので、はっきりした効果があるとは限りません。
逆立ちができない方や効果が出ない方は、次のマッサージを試しましょう

 

マッサージ

マッサージも落下腸を治すのに有効な方法です。
マッサージで落下腸を治す方法について見ていきましょう。

■効果
腸のマッサージをすることで、下腹でつっかえている便を速やかに流すことができ、排泄を促進することができるでしょう。
お通じがよくなるだけでなく、下腹ぽっこりの解消にも効果があります

■やり方
まずは仰向けになり、両膝を立てて腰の下にクッションなどをしくことで、腸の位置を矯正します。
次にお腹の下からおへその下まで両手で押し上げるようにしてマッサージしていきます
お腹が自然にへこむまで、1分ほどマッサージし続けてください。

最後におへその下あたりを指で突いて、お腹を揺らすようにマッサージしましょう
こちらも夜寝る前と朝起きた直後に行うのがおすすめです。

■注意点
マッサージの注意点としては、お腹を突くことで逆に腸を緊張させてしまう場合があります
突くことで気持ち悪くなる方はやめておきましょう。

また早くマッサージしたり、強く揉んだりするのも厳禁です。
やはり腸が緊張してしまいます。
腸は非常にデリケートなので、優しく気持ちいい程度にマッサージするようにしましょう。

 

最悪の場合手術が必要?

落下腸による便秘が悪化すれば、腸閉塞という症状に陥ります。
腸閉塞とは、腸がふさがって食べ物やガスが通らなくなってしまい、酷い腹痛や嘔吐に襲われるという恐ろしいものです。

腸閉塞の治療には、チューブで腸の中身を吸い出すか開腹手術の二通りがありますが、緊急を要する場合は開腹手術をしなければなりません。
腸閉塞によって手術することになると、3割負担でも20〜30万円近い費用がかかり、10日間ほどの入院を余儀なくされます。

落下腸が悪化して腸閉塞になる前に、逆立ちやマッサージで予防しましょう。

 

まとめ

落下腸は腸が正常な位置にない状態で、何もしなければ便秘に悩まされることになります。
落下腸自体を根本的に治すことは難しいですが、逆立ちやマッサージによって便秘を緩和することは可能です。
それぞれ自分に合った方法を、無理のない範囲で行うようにしましょう。

落下腸の便秘を放置すれば、最悪腸閉塞に陥ります。
腸閉塞は腸が詰まってしまう症状です。
腸閉塞になれば治すのに手術を要する場合もあり、高額な医療費と10日近い入院を余儀なくされるので、なるべく逆立ちかマッサージで回避しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す