くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

【冬に流行する病気一覧】代表的な病気とその特徴

20150924_2冬は空気が乾燥して寒さが厳しくなるため、ウイルスが元気になる季節です。
乾燥は、ウイルスの水分を蒸発させて空気中に浮遊しやすくするため、ウイルスを伝播しやすくなるでしょう。
また咳やくしゃみによって感染するウイルスも多く、人の集まるところで流行させてしまいます。

寒さは人の体温を低下させてしまい、免疫力をダウンさせるでしょう。
病気によっては、毎年流行して学校や職場に深刻な影響を与えてしまいます。
健康に冬を乗り切るためにも、病気の正しい知識を身につけて対処できるようになりましょう。
冬に流行する病気と、その特徴についてまとめます。

 

Sponsored Link

RSウイルス

冬に流行する病気の一つがRSウイルスです。
RSウイルスは非常にありふれたウイルスで、生涯通じて付き合っていく病気になります。
たいていの人は乳幼児のうちにかかり、2度目以降は軽い症状で済みますが、初めてかかる乳幼児抵抗力の弱くなっている高齢者の方は注意が必要です。

RSウイルスにかかれば、鼻水、咳、発熱などの症状にかかります。
最も特徴的な症状が瑞鳴で「ゼイゼイ、ヒューヒュー」といった音の、呼吸困難です。

治療は基本的に自然治癒を待って対症療法が施されますが、脱水症状が強かったり、呼吸困難が深刻だったりした場合、入院が必要なこともあります。

【関連記事】RSウィルスの症状は熱?原因・検査法・治療法・予防接種・費用は?

 

インフルエンザ

インフルエンザも冬に流行する病気です。
インフルエンザは毎年少しずつウイルスが変異するため、予防するためには予防接種を受けるしかありません

インフルエンザの症状は非常に急激かつ重篤です。
急に38℃以上の高熱や筋肉痛、関節痛に襲われて苦しむことになり、場合によってはインフルエンザ脳炎などの合併症を引き起こしてしまいます。

インフルエンザも対症療法で治すことが中心で、症状が治まるまで安静にし、水分補給をしっかりしましょう
発症して間もなくであれば、タミフルといった特効薬が有効なので、インフルエンザらしき症状だと思ったら早めに医療機関を受診することが重要です。

【関連記事】RSウィルスの症状は熱?原因・検査法・治療法・予防接種・費用は?

 

ノロウイルス

ノロウイルスはウイルスによって引き起こされる胃腸炎です。
熱が出た後、嘔吐や下痢といった症状があらわれます。
重症になれば、一日中吐いているということもある恐ろしい病気です。

感染者の吐瀉物や便に含まれるウイルスに接触することで感染してしまうので、処理には細心の注意を払いましょう。
治療には対症療法がとられます。
特に下痢や嘔吐のせいで脱水症状になりやすい病気なので、水分補給を小まめに取ることが大切です。

【関連記事】ノロウイルスの症状は熱・悪寒・嘔吐・腹痛・便で分かる?検査法は?

 

溶連菌感染症

溶連菌感染症はウイルスではなく細菌によって感染する病気です。
普通の風邪の症状に似ており、素人では外見から判断できない厄介さがあります。
喉の粘膜が赤く腫れて強い痛みを伴うのが特徴ですが、お医者さんに診断してもらわないと普通の風邪とは見分けがつかない病気です。

飛沫感染が主な感染経路で、特に家族間で感染することの多い病気なので注意しましょう。
溶連菌感染症はウイルス性の病気と異なり、自然治癒することはありません
病院で抗生物質を処方してもらう必要があります。
合併症を起こしやすい病気でもあるので、疑わしい症状が出ればすぐに医療機関を受診しましょう。

 

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎も風邪によく似た症状の病気ですが、風邪だと思って自然治癒するのを待っていると、徐々に重症化してくることもあるので注意が必要です。
発熱や頭痛、倦怠感といった症状があらわれた後、徐々に悪化していって痰が3〜4週間ほど続きます

マイコプラズマ肺炎は、大人の方がこじらせることのある病気です。
肺炎など合併症を引き起こすこともあるので、早めに治療することが大切になります。
またマイコプラズマ肺炎には特殊な抗生剤しか効かないため、風邪薬を飲んでも治らない場合は、すぐに医療機関の診察を受けましょう。

【関連記事】マイコプラズマ肺炎症状・原因・検査・治療法・予防法。人にうつる?

 

まとめ

冬はウイルスが活発になり、体の体温が失われる時機なので、流行の病気にかからないように注意が必要です。
冬に流行する病気は、RSウイルス、インフルエンザ、ノロウイルス、溶連菌感染症、マイコプラズマ肺炎などがあります。

これらの中には風邪とよく似た紛らわしい病気もありますが、風邪同様の処置をしていれば悪化することもあるので、注意しましょう。
流行する病気とその特徴をしっかり身につけておき、正しく対処することが大切です。

Sponsored Link

コメントを残す