くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

鼻水が止まらない時の原因・治し方・対処法は?

20151005_1止まらない鼻水は辛いですよね。
花粉症の鼻水は常に鼻から流れてきて拭き取らなければなりませんし、鼻が詰まると口で息をしなければならず、口で息をすると口が渇いて喉が痛くなります。

悪循環を止めるには、病院で治療してもらい適切な処置をしてもらうのが一番ですが、病院の予定が合わない、あるいは今すぐに鼻水をどうにかしたいという方もいるでしょう。
鼻水が止まらない時の原因と治し方、対処法などについて見ていきます。

 

Sponsored Link

鼻水が止まらない原因は?

鼻水が止まらない原因には様々あります。

一つ目は寒さです。
鼻水には体温を調節する役割があります。
冷たい空気を吸い込むと鼻の中が乾燥してしまうため、体が鼻水を分泌して体温低下を防ごうとするのです。

花粉症などのアレルギー反応や、風邪を引いたときにも体は鼻水を分泌します。
これは花粉ウイルスなどを除去しようとするためです。

また自律神経が乱れた場合も、鼻水が良く出ます。
寝起きに鼻水がたくさん出たという経験をしたことはないでしょうか。
これは寝起きに自律神経が乱れることにより、起こっているのです。

湯気を吸い込んだときにも、鼻水が良く出ます。
ラーメンなど温かいものを食べたときに鼻水が出たことはないでしょうか。
これは肺に熱い空気がそのまま入るのを防ぐためです。
したがって、温かいものを食べるときは湯気はなるべく吸い込まないようにしましょう。

 

治し方

鼻水の原因が多岐にわたるように、鼻水の治し方にも色々あります。
まずは原因自分の鼻の状況について、なるべく正確に把握しましょう。
花粉症と風邪では飲む薬も異なりますし、鼻水を解消するのか鼻が詰まっているのを解消するのかでも、微妙に解決法も異なります

また、以下で紹介する即刻性のある方法でも鼻水を止められるとは限りません。
副鼻腔炎鼻ポリープのような病気にかかった場合、耳鼻科で処置してもらう必要があります。

さらに治す方法といっても、人によっては逆に悪化してしまう場合もあるようです。
もし何か違和感を感じた場合は、自身で判断せず医療機関に相談してみましょう。

 

即効性のある対処法

鼻水を止める即効性のある対処法について、いくつか見ていきましょう。

●鼻水を洗い流す方法
まずは鼻水を洗い流して止める方法について見ていきます。
鼻水を洗い流す方法は、水を口に含むこと鼻のうがいをすることの二つです。
水を口に含んだまま飲み込まず、置いておくと鼻水が口の方に誘導されます。

鼻のうがいで用いるのは塩水です。
片方の鼻を押さえて片方の鼻から塩水を吸い上げ、喉から吐き出します。

 

●鼻づまりを解消する方法
次に鼻づまりを解消する方法です。
鼻づまりを解消するには、ペットボトルを脇に挟むという方法があります。
脇には多くの自律神経が通っており、押さえることで鼻水の分泌を防いでくれるでしょう。

鼻を温めるのも効果的です。
ホットタオルなどを鼻に当てて温めると、鼻の血管が膨張することで通りが良くなります。
鼻の通りが良くなったと感じたら、タイミング良く鼻をかんで、鼻水を出し切りましょう。

 

●ツボを押す
ツボを押すことも即効性があります。
目頭のすぐ近くにある晴明、鼻の真ん中両サイドにある鼻通、小鼻の左右にある迎香などを押さえれば、鼻づまりを解消するだけでなく、鼻のトラブル全般に効いてくれるのでおすすめです。

bitu

引用:https://minacolor.com/hayfever/articles/1067

 

 

効果的な市販薬

市販薬で治す場合、アレルギー性の鼻炎なのか、風邪による鼻炎なのかで変わってきます
そのため、どちらか分からないという場合は薬の服用は控えましょう。
治るどころか、逆効果になってしまいます。
ではアレルギー性鼻炎と風邪の鼻炎に効く薬をそれぞれ見ていきましょう。

■アレルギー性鼻炎の薬
①アレジオン10
②アレグラFX
③コンタック鼻炎Z

アレジオン10とアレグラFXは眠気を感じにくいため、おすすめです。
コンタック鼻炎Zは初期症状に良く効く薬になります。

 

■風邪による鼻炎
①パブロン鼻炎カプセルS
②コンタック600PLUS
③鼻炎薬A「クニヒロ」

パブロン鼻炎カプセルSとコンタック600PLUSは、風邪だけでなくアレルギー性鼻炎にも効く薬です。
ただし風邪薬というのは往々にして体の機能を弱めてしまうため、アレルギーと分かっている場合は、アレルギー用の薬を飲むようにしましょう。

鼻炎薬Aは価格が安いものの効果がやや強いため、注意が必要です。

 

効果的な食べ物

鼻水に効果的な食べ物も色々あります。
それぞれ見ていきましょう。

◎ヨーグルト
ヨーグルトは花粉症に対して効果的です。
1日に200mlのヨーグルトを食べることで、花粉症を改善されたというデータもあります

◎レンコン
レンコンには「ムチン」という物質が含まれていますが、ムチンには鼻の粘膜を保護する働きがあります

◎ハチミツ
ハチミツは、痛んだ喉や鼻を回復させる効果があります
鼻水をかみすぎて喉や鼻が痛んだ場合は、ハチミツをお湯に溶かして飲みましょう。

 

まとめ

鼻水を治す方法には、様々なものがあります。
とにかく一時的にでも対処したい場合は即効性のある対処法を、早く治したい場合は薬を飲み、じっくり治す場合は食べ物による治し方を試してみましょう。

大切なのは、原因に対して正しいアプローチをすることです。
また風邪の場合、薬は体の機能を弱めるため、なるべく飲まないようにして自然に治しましょう。
風邪薬を飲むのはどうしても気分が悪い場合と、急いで治す必要があるときだけです。

Sponsored Link

コメントを残す