くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

プーアール茶の効果・副作用・淹れ方・オススメ!妊婦は飲んでも平気?

20150518_1_1食べ過ぎた日の次の日は体重計に乗るのが怖い、最近お腹周りに肉が付き始めている、健康診断で「メタボ判定」された等・・・体の代謝機能の低下に悩む方にオススメなのが、プーアール茶です。

プーアール茶は、その香りと食事後の口内をさっぱりさせることから、中国料理、台湾料理などの油っこいメニューと良く合います。
この「さっぱり」の元は、プーアール茶に含まれている脂肪分解成分のリパーゼ酵素です。
飲むだけでも痩身効果が期待できると言われるプーアール茶とは、どのようなお茶でしょうか。

Sponsored Link

プーアール茶ってどんなお茶?

20150518_1_2プーアール茶は、中国・雲南省南部のプーアール県で採れていたお茶であることからその名が付いたと言われています。歴史は古く、2000年以上前から飲まれているようです。

プーアール茶の葉は日本茶と同じ緑茶です。緑茶に熱を加えて酸化発酵を止めて作ります。

大きく2種に分かれ、加熱して発酵を止めた後コウジカビで発酵させて作る熟茶と、経年による発酵によって作られる生茶の2種類です。国内で良く飲まれているのは熟茶の方です。

香りは土っぽい感じで、口の中の油分をすっきり流してくれるような清々しい後味です。

 

毎日飲みたい!プーアール茶の優れた効能

【プーアール茶の主な効能】

◎脂肪燃焼促進効果

◎血糖値上昇の抑制

◎便秘・下痢の解消

◎免疫力向上

◎アンチエイジング

◎がんの予防

この数々の効能から、プーアール茶には代謝機能を改善する力があると言えます。

プーアール茶には重合型カテキンが含まれています。重合型カテキンは、緑茶等に含有されているカテキンよりも脂肪吸収を抑える力が強いです。
同じく含まれているリパーゼ酵素には、脂肪分解を促進する効果があります。
体内に余分なものが入ってきたら排出を促し、蓄積した脂肪は燃えやすくしてくれるのです。

身体の代謝リズムを正常にすることによって、太りにくい・病気になりにくい、健康な体へと導いてくれるお茶。それがプーアール茶です。

 

〜おすすめの良質プーアール茶〜
本場雲南省の茶葉をティーパックで手軽に。国内の分析センターで安全性確認済み。
生産者の方の写真も出ていて安心できます。

 

副作用は?

カフェインが含まれているので、幼児・妊婦・授乳中の方は避けたほうが良いといわれています。

また健康体の方でも、コーヒー・お茶を1日に何度も飲む方は、要注意。
カフェインの過剰摂取は、不整脈・めまい・吐き気・不眠・下痢・情緒不安を引き起こします。

 

 

Sponsored Link

プーアール茶の美味しい淹れ方

20150518_1_3【ティーバッグの場合】
熱湯を注いで、2~3分待って注げばOKのものが多いです。

 

【茶葉の場合】
熱湯300ccに対して、3g(10円玉大)程度の茶葉を用意します。

まずは洗茶します。洗茶とは、古い茶葉を洗い落とすと同時に湯飲み・茶器を温めることです。

茶葉を急須にいれ、熱湯を注ぎすぐにお湯を捨てます。

この後すぐに熱湯を入れ、5分ほど待ってから注ぎます。

ゆっくりお茶を入れる時間も楽しめる抽出方法ですね。

 

プーアール茶は、ダイエット・健康増進効果がある上に、飲みやすく美味しいお茶です。いつもポットで持ち歩くほどハマる人もいます。

まずは気負わず、普段の食事のお供にどうでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す