くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

セレッソ大阪の優勝の可能性は?まとめてみた。【徳島新聞の内容有】

seresso

 

こ、今年は流石に

優勝するでしょ!

ね!セレッソ大阪!

いや、分かりませんよ・・・

 

 

ただでさえ日本代表メンバーを複数抱え、
期待の若手も続々と出てくるセレッソ大阪。

クラブ創設20周年となる本年は、
現メンバーに加え注目のウルグアイ代表フォルランも加入。
普通に考えれば優勝候補筆頭といってもおかしくないんじゃないかな?

今回はセレッソ大阪(以下C大阪)の優勝の可能性を探ってみた。

 

すでにJリーグ開幕したわけだが・・・

開幕戦は惜しくもサンフレッチェ広島に0−1と敗れたけど、
続く徳島ヴォルティス戦は2−0と完勝。

まだフォルランに得点は生まれてないけど、
クラブの立ち上がりとしては
まずまずではないかなと思っております。

 

続々とでてくる有望選手

今や日本代表にまで上り詰めた柿谷曜一郎、山口蛍
オリンピック日本代表にも選ばれた扇原貴宏杉本健勇
期待の若手南野拓実

香川真司を始め、清武弘嗣、乾貴士など
現在欧州で活躍する選手も排出しています。

育成型クラブとしてはまさしく日本のトップクラスですね!

 

そんなC大阪だからこそ
毎年優勝争いに切り込めるのも納得!
今年もどんな若手が出てくるのか楽しみ!

C大阪からなぜ日本を代表する選手が続々と出てくるの?

 

まわりのサポート

seressosapo

サンフレッチェ広島でも述べたけど、
資金力がなくても
やっぱりフロント陣がしっかりしてる所は強いよね。

逆にフロントがしっかりしてなかったり
方針がコロコロ変わるようだと、チームが安定しない。

上記で述べた力のある選手が陸続と誕生するのも
C大阪は育成に力を入れていくという
指針を貫いたからだと思う。

 

そしてセレ女(セレッソの女性サポーター)
の応援も侮れない。
女性がサポーターにいると面白いと思う人も多くいるはず。

男性の場合『お!!女子沢山!うはっ、テンション上がる!!』

女性の場合『あれ?女の人も結構いるんだ!なんか安心!
      しかも選手にイケメンいるじゃねーか!!!』

 

てなると思うんだ。
C大阪はただでさえ若くてイケメンが多いしね。

 

どんな形にせよ、応援が盛り上がれば人は増えるし、
相乗効果でさらに人は増える。
応援が盛り上がればチームに勢いが出る。

やっぱり応援の力は侮れないと思うの!

 

不安要素

とにかく、これからACLとJリーグという
過密日程をこなしていかなければならない・・・

ACLへの参加はクラブとしては素晴らしいものだし、
Jリーグの代表として是非結果も残してもらいたい。

だけど、3/8に徳島戦を終えたばかりなのに、
3/11にはACLで山東魯能とのホーム戦も控え、何かと急がしい。

ACLグリープリーグ結果(Jリーグ公式)

ACL日程(セレッソ大阪公式)

 

この辺りの調整という面で、若干不安な点があるよね。
そして、ACLが終わったと思ったら
今度はワールドカップ

ここで柿谷や山口、フォルランは
恐らく代表へ呼ばれるだろうし、
そうなると戦力的にも厳しくなる

 

そして、W杯後に待ち受ける移籍市場
柿谷は来年には移籍が間違いないだろうといわれてるけど、
ここで有力クラブからのオファーがあったら
どうなるんだろうと思ってしまう。

そして一番の不安要素がクルピ監督の退任
こればかりはどうしようもない事かもしれないけど、
監督が変わってクラブがさらに進化する事もあれば
その逆もある訳で、、、

個人的にはここまで素晴らしい選手達を育てた
クルピ監督がいなくなるのはちょっと残念・・・

 

優勝の可能性は・・・

これらを全部総評して
C大阪は今年優勝する可能性は!ちょっと低め。。。

私の中では、選手いい!周りもいい!
だけどやっぱり監督が不安てな感じです。

もちろんクルピ監督に代わり、
就任したポポビッチ監督に期待するところもありますが、
こればかりはこれからの試合を見て判断するしかありません。

てな感じです!

 

個人的にはここらで
C大阪にはタイトルを取って欲しい!
という願望があります。

ここまでお読みいただきありがとうございました!!

 

PS.
先日柿谷が徳島新聞に
徳島への感謝を伝える内容を自費で掲載しましたが。
思わずぐっと来ました・・・

柿谷ええ奴じゃないかー!!

tokushinbun

 

以下、徳島新聞より原文まま。

今日、J1の舞台で、もう一度徳島の皆さんと
出会い、闘えることを楽しみにしています。

徳島のみなさんが応援してくれていたから、
僕はサッカーを続けていられたし、
サッカーを楽しいと思えました。
チームを離れても、みなさんから頂いたエールは
いつも僕の中に残りつづけています。
みなさんへの感謝はプレーで返します。

徳島のみなさん、今年一緒に日本のサッカーを
熱くしましょう。
そして、これからもよろしくお願いします。

柿谷曜一朗

 

【追記】
嫌な予感的中でございます。
C大阪は4月に入ってとにかく勝てない。
徐々に順位を落とし、5月3日時点での順位は11位。

もちろん柿谷の不調にも原因がありますが、
やはり矛先が向くのはポポビッチ監督

既に『解任すべきだ!』という声がチラホラ上がってます。

 

今後の結果次第でまだどうなるか分かりませんが、
このままだと今シーズンで解任なんて事も・・・

Sponsored Link

コメントを残す