くらし辞典

暮らしに役立つ情報サイト

横浜開港祭2015年の日程と花火大会の穴場紹介

横浜で毎年行われるお祭り
横浜開港祭をご存知ですか。

数多くのイベントが開催され、
家族やカップルはもちろん、友達と行ってもも楽しめる祭りです。

2015年で34回目となる横浜開港祭の詳細と
最終日を彩る花火大会
ビームスペクタクル in ハーバーの穴場スポットをご紹介します。

Sponsored Link

横浜開港祭とは

150408_1

横浜開港祭は、1981年から「開港を祝い、港に感謝しよう」がテーマで始まった
神奈川県横浜市で行われるお祭りです。

1981年の第1回目は6月7日に横浜国際デー“プレ横浜どんたく”として始まり
動員数は5万人でした。
1993年の第12回から横浜どんたく開港祭となり、
1995年第14回から横浜開港祭となり
動員数70万人を超えるお祭りになりました。
(どんたくとはオランダ語の日曜日がなまったもので、休日という意味にもなっていますが、博多どんたくの知名度により、お祭りという印象になっています)

横浜港が開港されたのが安政6年6月2日のため、
6月2日が開港記念日となっています。

 

横浜開港祭 2015

150408_2

2015年の34回目は
“Thanks to the Port”「市民が創り上げた国際港都 みんなで祝おう誕生祭」
をコンセプトとして

530日(土)・31日(日)・62日(火)
臨港パーク、みなとみらい21地区及びその周辺の海と陸で開催されます。

公式HP:http://www.kaikosai.com/about.html

イベント内容などは、公式サイトでは
準備中となっていますが

横浜のお菓子店が集まり投票によるコンテストを行う
yokohamaスウィーツパラダイス
(2014年のイベントでは12店舗が出店)

横浜市民による合唱ドリームオブハーモニー

吹奏楽団によるヨコハマウィンドシンフォニー

2日のフィナーレを飾る横浜開港祭花火大会

が行われる予定です。

過去には

  • 横浜港内クルージング(有料)
  • ゴムボート(子供100円)
  • カヤック体験(子供500円)
  • 気球乗船(無料)
  • アーティストライブ

などのイベントがありました。

また、横浜開港記念としてバザーやフェスティバルが行われます。
2013年には横浜出身で「アナと雪の女王」日本語主題歌で話題となった
May.Jさんのライブがありました。
今年のライブはどんなアーティストが出演するのか、楽しみですね。

Sponsored Link

ビームスペクタクル in ハーバー

6月2に行われる花火大会は
ビームスペクタクル in ハーバー として、光と音と花火で
夜空と海を彩ります。

みなとみらい臨港パークで行われます。

2014年は30分4000発と、打ち上げる数は少ないですが
レーザー光線の演出がとても壮大です。

2014年は花火観覧チケットが無く、
3日間有効ペアチケット40,000円のみの販売でした。

2015年はどのようにチケットが販売されるのか
まだわかりませんが、

花火観覧の無料穴場スポット

★ぷかりさん橋

★山下公園

★野毛山公園

★カップヌードルミュージアム裏の公園
動画:https://www.youtube.com/watch?v=4ZTxhIJd5xU

★大桟橋
動画:https://www.youtube.com/watch?v=u0hge_4XjS4

平日の開催なので、交通規制は特にないようです。

 

また毎年、花火観光クルーズが企画されます。2014年のツアーは

  • ぽけかる倶楽部では 100分 14,800円
  • 横浜パラダイスでは 90分 7,000円
  • 五島トラベルでは 110分 10,000円

開港記念日にクルージングも魅力的ですね。

 

まとめ

PR活動をする横浜開港親善大使を毎年募集していたりと
横浜市民が参加できるイベントが多くあり、
毎年40以上のイベントが開催される1大イベントです。

横浜の魅力をたっぷり楽しみましょう。

Sponsored Link

コメントを残す